毎日の生活をこなすだけでできる
超簡単な日常ダイエット

家事しながらダイエット

家事しながらダイエットは、長野茂さんが開発したダイエットです。
家で生活しながらの「ながら運動」に着目したダイエットで、5群の運動から1つずつ、5つセレクトして行うもので、短い時間でOKです。
5つの動作は女性が気になる「足」・「腰」・「お腹」にダイレクトに効くものです。
全部で25種類ありますが、基本動作としては掃除やキッチンで立つときや座ってテレビを見るときも買い物に行く時も、背筋を伸ばしてお腹をギュッとへこます姿勢をしっかりと保つことです。
トータル一日16時間この姿勢を保つことで、グッと引き締まります。

また、筋肉を鍛えて下半身を引き締める運動は、日常動作がスクワットに変わります。
床に散らかっているものを片付けたり、床のゴミを拾ったり、洗濯物を干したり、冷蔵庫からものを出し入れする時などは背すじを伸ばしたまま、ゆっくり2秒かけて腰から沈みこむようにしてひざを曲げ、またゆっくり2秒かけて立ちあがる「くせ」をつけます。
これはスクワットそのものの動きになります。
現代は椅子の生活が多いですが、一工夫で下半身を引き締めることができます。
椅子から立ち上がるときに、ゆっくりと立ち上がりひざを直角にした状態で2秒停止するのです。
これだけで下半身引き締めと綺麗な身のこなしが身につきます。
階段はヒップアップのチャンスです。ひざをやや高く持ち上げて足裏全体で押すよう力強くのぼることで
お尻の筋肉が鍛えられます。
また、どんな姿勢でも余分な脂肪を搾り取るようにギュッと上半身をねじることで、お腹の引き締めにつながります。
慣れてきたら、やや強い全身運動、部位別の筋肉トレーニングもあるので、チョイスして進むとよいでしょう。

家事しながらダイエットのココがスゴイ

ちょっとの意識が大きく変わる

読んでの通り特に新しい何かを始めるわけじゃないので、
余計な出費や労力はかかりません。
しかしひとつひとつの家事、生活で体を動かすことを意識する。
普段から体質を気にかけることができるのです。

ダ万歩計をつけて生活している友人が、ちょっと意識するだけで
普段の生活がぐっと変わるし、はげみになると言っていました。

わたしも椅子に座りながら上半身をねじってみましたが、使っていない筋肉が動いて
イタ気持ちよいので続けてみようと思います。


Copyright 2012 女子会ダイエット部. All Reserved.