筋肉の量が増え
痩せやすい体を作る

ステッパーダイエット

ステッパーは今やとてもポピュラーなものになりましたが、
実際買ったはいいが効果が出ないうちに押入れに入れてしまったという人も多いと思います。
ステッパーの効果的な使い方と、なぜ痩せるのかが理解出来るとモチベーションも上がるので続けやすくなります。
ステッパーは何に効くのかというと大腰筋(だいようきん)を鍛えます。
大腰筋とは、背骨と脚の付け根を結ぶ筋肉で、体の深くにあります。
働きは太ももを上げたり背骨を支えたり、骨盤の位置を正常に保つという重要な働きがあります。


大腰筋が衰えてしまうと、猫背になりそれに付随して内臓も下垂しします。
するとぽっこりお腹になって下腹が出っ張ってしまいます。
ステッパーを行うことで大腰筋を鍛えて内臓の位置を正しくして姿勢も良くなります。
また筋肉量が増えていくので基礎代謝が上がって痩せやすい体質になることも出来ます。
行うタイミングは、食後1時間は控えます。それよりも少しお腹が減っているというときのほうが
脂肪が燃えやすくなっているのでおすすめです。
ステッパーの効率的なやり方ですが、引き上げる方の脚に向かって体を倒すと、
表面にある外腹斜筋と奥にある大腰筋の両方を使うので
深部筋に対する効果が大きくなります。
やり方はステッパーを右足で踏みこんだら、上半身を左側の真横に倒します。
このとき腕は軽く肘から曲げて、バランスを取ります。
左足で踏み込むときは上半身を右の真横に同様に倒します。
また、同時にひねる方法もあります。
ステッパーを右足で踏みこんだら、上半身を左後ろにグイっとひねります。左足も同様です。
また、ふくらはぎを意識しながら体を前に倒してステッパーを踏むと、足とお腹だけではなくふくらはぎも細くなります。
このように体を倒しながらステッパーを踏みながら行い、30分から40分繰り返すと効果的です。

ステッパーダイエットのココがスゴイ

体の部位をピンポイントダイエット

ステッパーは「太もも」、「お腹」、「ふくらはぎ」など
部分痩せに使うことが可能です。
ピンポイントで痩せたい部分を集中的に踏むことで効果が上がります。

道具がないとなかなか運動も続けられませんが、テレビの前にステッパーがあると
見ながらいつのまにか15分運動していたということもあります。
毎日筋肉に刺激を与えることで、無理なく筋肉がつきますが、お腹やお尻周りは
一番筋肉が集まっているところなので、

ここに筋肉がつくことで代謝は効率よく上がります。
是非続けていきたいものです。


Copyright 2012 女子会ダイエット部. All Reserved.